新型コロナウイルス検査について

発熱がありインフルエンザや新型コロナウイルス感染が疑われる場合は、まずインフルエンザの検査を行います。インフルエンザが陰性だった場合に必要であれば新型コロナウイルス検査を行います。

新型コロナウイルスについて当院では下記の2種類の検査ができます。

◎ 抗原検査(定性)=検査キット(陽性一致率87.1%、陰性一致率100%、全体一致率87.9%)

・発症後2日~9日の方が対象です。ウイルス量が多いほど精度が上がります。発症後間もない場合や10日以上経過している場合ウイルス量が少なく、偽陰性の可能性が増えるため、2~9日となっています。

15分で結果が出ます。

・患者様ご自身で鼻汁を採取することも認められましたが、当院では精度を考えて、医師が鼻に綿棒を挿入し、鼻汁を採取します。

・以前は抗原検査で陰性だった場合にPCR検査が必要でしたが、現在は抗原検査だけで陰性としてよいとなっています。ただし、陰性でも症状から新型コロナウイルス感染が疑われる場合はPCR検査を行います。

◎ PCR検査(唾液採取)

・発症後9日までの方が対象です。

・ご自身で唾液を採取していただきます。

検査会社に提出しますので、結果が出るのに数日かかります(提出する時間帯や曜日によって前後します)。


料金)新型コロナウイルス感染が疑われる方に対しての新型コロナウイルス検査の検査料と判断料だけが公費で賄われます。ただしその他初診料、検体採取料、インフルエンザ検査料、院内トリアージ実施料、処方箋料などは患者様の負担になります。